読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっこり価格!?レーザーの感想です

使い方はフロントエッジ測定が効果的かもしれません。他の距離計商品と比べて、精密で小さな点が良いようです。今まではスマホGPS対応アプリを使っていましたが!高低差が分からず“大体この辺”で済ませていました。

コチラです!

2017年02月08日 ランキング上位商品↑

レーザーLCS40I【税込】 ニコン 携帯型レーザー距離計「COOLSHOT 40i」 [LCS40I]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

。まず100ヤード前後のショットは迷いなく打てます。大満足な商品です。セルフでのプレーでは欠かせないアイテムです。打ち下ろしではないかぎり!目標までの距離をきっちり測るのが難しいのと!意外に鮮明に見えないとても軽く!片手で操作出来ます。出荷が本当に早い。使い方が悪いのかもしれませんが、グリーンのピンに自動で焦点が合う様に改良されるといいですね。落札から到着まで敏速に対応頂き気持ちの良い取引でした。打ち上げ打ち下ろしは番手によって放物線に差があるので、単純に何ヤードの打ち上げか下ろしが分かれば経験で処理した方が良いと思う。グリーンのピンに焦点を合わせて距離の測定をしますが2!3回同じ場所に立って測定するのですが距離の数字が違ってしまい正確な距離が測れない事に不安を持ってしまいました。 スコアも良くなると良いのですが?レーザー距離計は高価、大きい、重い、というイメージでしたが、かなり小型化、軽量化になり、価格も下がってきたので、そろそろ買いかな、と思って購入を決断しました。更に打ち上げ!打ち降ろしを加味した「打つべき」距離が表示されるのは!本当に助かります。近距離優先と押しっぱなしで何箇所も計れる機能がついているおかげで、多少の手振れでも狙ったポイントまでの距離が分かりやすい。最初は慣れが必要ですが!知りたい距離の場所に焦点の印を合わせ測定ボタンを押し続けると(打ち上げ打ち下ろしも加味して)表示されとても便利です。この機種は高低差も測定可能ですし!連続測定機能や!目標に対して手前or奥の優先切り替えが可能なので!とても使いやすいです。(あとは風を読み、自分のショットを信じるのみ)ただケースがいまいちと感じたので、別メーカーですが同じような形状っぽかった「レーザーアキュラシーPINPOINTシリーズ専用カバーC01」を組み合わせてみましたが、これがなかなかのマッチング!!フックでベルト紐に引っかけられ、レンズカバーが付いていて、ケースのまま使用可能なので、付属のケースより使い勝手が良いと思います。ゴルフには最適です。本コースでの利用した際!6倍のスコープが綺麗に見れました。早くカメラのように手ブレ補正の機能をつけて欲しい。ただし!測定は速いですね。100ヤード以上離れたら、ピンに照準を合わせるのはまず不可能です。買って後悔の無い商品ですね。打ち下ろしはピンの根元は測定しやすい。次回ラウンドが楽しみです。目標合わせが手ブレで合わしにくく!慣れが必要です。最初はコツを掴むまでまちまちの計測内容でしたが、慣れるとほぼ間違いない計測ができます。高低差が出るので!このモデルがオススメです。ゴルフの距離計を色々と研究して!総合的にこの40iにしたようで!注文を頼まれました。瞬時に計測できます。手ブレの為、ターゲットに合わせるのに慣れが必要です。GPSタイプと迷いましたが!やはりこれにして良かった!少々手ブレで合わせにくいですが許せる範囲。打ち上げ以外はグリーンに合わせて測定する方が無難です。専用カバーが付いているものもあるらしく、本当はその方が欲しいらしいです。購入後何度かゴルフ場で使用しています。付属品が付いていて、その画像は、どこで探しても載せていることころがなくて、ここでもないですが、そういった画像があればいいなと言っていました。ゴルフモードで打ち上げでピンフラッグにピンポイントでレーザを当てるのは至難の業かもしれません。光学手ブレ補正が搭載されるまで待つつもりでしたが!先日のラウンドで同伴者が使っており!あまりの使い勝手の良さに思わずポチッとやってしまいまいた。小さくて軽いのでベルトに付けていても違和感無くプレーできる点もありがたい。やはり手ぶれ補正が欲しいです。